証券口座の比較するべきところは

証券口座は株式取引をしようとする時に、確実に必要になります。

証券口座の比較の人気度が上昇しています。

これは専売事項であるからであり、証券会社のみが株式の売買ができるようになっているからです。
個人的に会社を作り、株式を発行することはできますが、あくまでそれは個人的な物です。

株式市場で取引をしようとしますと確実に証券会社に口座を作ってもらう必要が出てきます。

その時に大雑把に分けると二つのタイプがあります。
まずは、これから比較するとよいです。

一つは店頭口座であり、これは直接電話などで証券会社の営業マンや窓口の人に話をして、売買をしてもらいます。手数料が未だに高い方法であり、あまりやっている人は多くなくなっています。それに代ってきているのが、インターネット取引です。



インターネットで売買の注文を出すことができます。



こちらはネット口座といわれています。
このどちらにするべきなのか、ということからまずは考えます。

しかし、インターネット環境があるのであれば、基本的には比較する必要すらないです。

インターネット口座の方が、証券口座として優秀です。

店頭口座にもよいところはあります。


色々と直接、相談に乗ってくれるからです。
しかし、相手が何かあったときに責任を取ってくれるわけではないで自分で取引できる証券口座のほうがよいです。それがインターネット口座になります。インターネット口座といっても証券会社ごとに特色があるのでそれを把握して比較します。それこそが、投資スタイルに合った手数料であるかどうかです。